2017年02月06日

タグ:

Pocket

 

自宅で仕事をしている人やフリーランスの方は別として、仕事と電車通勤というのは基本的にセットですよね。

 

朝のラッシュや帰宅ラッシュに巻き込まれるとそれだけで大変なストレスがかかるものです。

 

今回は、自宅で開業した税理士が電車通勤についてどう考えているかについて説明していきたいと思います。

 

満員電車のストレス

私も税理士として独立するまでは約7年会社勤めであったため、嫌というほど朝のラッシュや帰宅ラッシュに巻き込まれ、やむなく満員電車に乗っていた経験があります。

 

周りの人に恵まれていたため、職場の人間関係についてはあまりストレスに感じたことはありませんが、満員電車での通勤にはかなりのストレスを感じていました。

 

夏の暑い時期や湿気の多いジメジメとした時期の満員電車は、仕事のストレス以上とも言われています。

 

自宅開業して感じた事

 

自宅開業であるため、基本的に自宅orカフェで仕事をしており、現在は電車通勤によるストレスは少なくなりました。

電車通勤をしなくなって、改めて満員電車のストレスは凄まじいものだったな~と感じています。

 

ただでさえ仕事をするのに労力を使うのに、朝一の満員電車で活力を削がれると仕事のやる気なくなっちゃいますよね。

 

会社勤めを辞めて独立する理由の上位に「電車通勤の辛さ」がランクインする理由が今なら良く分かります。

 

電車通勤のストレスを減らす(なくす)方法

電車通勤はストレスたまるけど、毎日のことだからどーしようもないよという方が大半だと思います。

そんな方に、電車通勤のストレスを減らす(なくす)方法をご紹介します。

 

通勤ラッシュの時間帯を避ける

 

朝であれば8時付近、夕方であれば18時付近がラッシュの時間帯ではないでしょうか。

 

あえてラッシュの時間帯に電車に乗るのではなく、少し時間をずらせば乗客数も減るので、ラッシュの時間帯を避けて通勤をしましょう。

 

朝早く起きて早朝の時間帯に電車に乗って、会社付近のカフェ等で読書や勉強をすれば、電車通勤のストレスも減るし、自分の能力もあがるし一石二鳥です!

 

なるべく空いている場所を探す

 

電車の車両は先頭から後方までいくつかありますが、いつも混んでいる場所というのは大体決まっているものです。

階段付近や改札口付近が大抵混雑しているのではないでしょうか。

 

上記で通勤ラッシュの時間帯を避けると説明しましたが、状況によってはラッシュの時間帯にしか乗れない方もいると思います。

 

そんな時は、混雑している電車の中でも空いている場所を探し出して乗車しましょう。

 

電車通勤というのは毎日のことなので、こういった小さなことでも、自分の負荷を減らしてくれます。

 

自転車通勤に切り替える

 

職場まで自転車で通える距離であれば、電車通勤をやめて自転車通勤をしてみましょう。

 

私も、自転車で通える範囲のお客さんであれば電車を使わず、自転車で訪問しています。

 

ママチャリから本格的な自転車までいろいろ種類があるため、自分にあった自転車を探して、自転車通勤すれば意外と通勤を楽しめるかもしれません。

 

会社の近くに引っ越す

 

自転車こぐのって疲れるし、寒い時に自転車通勤なんてしたくないという方は、思い切って会社の近くに引っ越しましょう。

 

これなら、電車も自転車も必要ありません。満員電車のストレスなんて皆無です。

 

会社から○km圏内であれば家賃手当をいくらか出してくれる会社も世の中には存在します。

 

予算が許すのであれば、会社の近くに引っ越すというのは一番のおすすめ方法です。

 

電車通勤のメリット

 

今まで電車通勤のデメリットのみに焦点をあてて説明しましたが、電車通勤には以下のようなメリットもあります。

 

・電車通勤時間に読みたい本を読める。

・たまに途中下車して気分転換できる。

・つり革広告等で世の中の状況を把握できる。

・電車で寝ると気持ちよく寝れる。

・車窓の景色に癒される。

 

若干こじつけっぽいメリットもありますが、電車通勤にもメリットはあるはずです。

 

最後に

現在、事情により平日の何日かは決まった場所に勤務しているため、電車通勤をしております。

 

一度朝のラッシュの時間に乗ってみましたが、やはり満員電車のストレスは耐えきれないと感じ、朝は早めの電車に乗り、カフェで仕事をしてから勤務場所に向かっています。

 

電車通勤というのは毎日のことなので少しの工夫で大きな効果が得られます。

今回ご紹介した方法を参考に、どこか改善できる点はないかを考えてみましょう!

 

Pocket