2017年01月06日

Pocket

なぜfreeeの仕訳データをエクセルで入力するのか?

クラウド会計freeeで仕訳データを入力していく場合、一般的にはfreeeのシステム上で入力をしていくことになりますが、私は下記の理由からエクセルで仕訳データを入力しております。

 ・当初よりシステムが改善されてるとはいえ、まだまだ使いずらい部分がある。

 ・大量の領収書をシステム上で一つ一つ入力していくことがどうも非効率に感じる。

 ・同じ仕訳や適用欄のコピペ作業はエクセルのほうが作業効率がよい。

 

実際にどのような流れでエクセルに仕訳データを入力するのか。

実際の流れは①エクセルに仕訳データの入力⇒②freeeに仕訳データ(①)を取り込みという流れになります。

それでは、具体的な手順について下記で説明します。

 

1、エクセルのテンプレートを入手する

まずはfreeeのサイト(https://goo.gl/LJRNNf)より仕訳データを入力するエクセルのテンプレートを入手します。

(ページ下部にテンプレートがあります。保存する際はエクセル形式で保存してください。)

 

2、エクセルに仕訳データを入力する。

関数の使い方や、入力方法等については人それぞれだと思いますので、自分がやりやすいようにエクセルを加工し、仕訳データの入力を行ってください。

最低限のルールについては先ほどのリンク先(https://goo.gl/LJRNNf)に記載がありますので、参照してください。

 

3、入力したエクセルの仕訳データをfreeeに取り込む。

エクセルに仕訳データの入力が完了しましたら、freeeに取り込むことになります。

具体的な作業方法については、freeeのサイト(https://goo.gl/Jrx3Rd)に記載がありますので参照してください。

取り込み作業自体は手順通りに行えば、取り込みに時間がかかることなくスムーズに仕訳データが取り込まれます。

 

最後に

今回freeeの仕訳データをエクセルで入力する方法について説明いたしましたが、私が紹介した方法以外にも効率的に仕訳入力を行える方法もあると思いますので、この記事を参考にしながら、効率的な方法を追求するのもよいかもしれません。

なお、私が実際に行っているエクセルへの入力方法についてはまた別途ご紹介したいと思います。

Pocket