創業・起業時の融資は、専門家に依頼されることをおすすめします。

 

創業・起業の資金調達

創業・起業時の資金調達方法としては、主に日本政策金融公庫の新創業融資制度や各都道府県・市町村が取り扱う信用保証協会付きの制度融資がございます。

 

ご自分で申し込み、融資を受けることももちろん可能ですが、専門家に依頼された方が、融資の通過率は高くなり、ご自分で作業される手間も減らすことができるため、創業・起業時の融資の際は、是非専門家に依頼されることをおすすめいたします。

 

 

創業・起業時のご相談から融資実行までの流れ

お気軽にお問い合わせください

1.お気軽にお問い合わせください

電話、メールまたはお客様の事務所へのご訪問により、必要資金、自己資金の有無、業務内容等についてヒアリングさせていただきます。

ご提案

2.ご提案

ヒアリングを実施した結果、お客様に最適な融資制度についてご提案させていただきます。

書類の作成

3.書類の作成

選択される融資制度の決定後、改めて詳細なヒアリングを実施し、融資申込書、創業計画書、売上予測表等様々書類を作成していきます。※1

スケジュールのご説明

4.スケジュールのご説明

種々の申込書類作成後、面接での留意事項や融資実行までのスケジュールについてご説明いたします。

同行・サポート

5.同行・サポート

必要により、融資申込時の面接に同行し、サポートをさせていただきます。

※1 日本政策金融公庫のホームページに創業計画書の記載例がありますが、記載例通りに記載しても、通過率は低くなってしまうのが現状でございます。お客様の創業・起業に対する思いを文章にし、具体的に数値化していく作業を税務・会計の専門家としてサポートいたします。

 

 

弊所を利用するメリット

 

1. お客様のスケジュールにあわせることができます。

平日が仕事で忙しく土日祝日しか休みが取れない方、退社が遅く21時以降でしか面談のお時間が取れない方でも、お客様の都合がつく時間帯で面談の日時を設定いたします。

 

起業・創業を1日でも早く実行したいというお客様に対して、迅速な融資実行ができるよう全力でサポートいたします!

※お電話の受付時間は、平日9:00から18:00となります。

 

 

2. 代表税理士がすべて対応いたします。

従業員数の多い税理士事務所となると、資金調達の経験が浅い職員が担当になる可能性があり、失敗できない創業・起業時の資金調達において、お客様に不安を与えてしまう可能性があります。

その点弊所では、代表税理士 針谷正雄がすべてお客様の対応をさせていただくため、安心・安全なサービスを提供することが出来ます!

 

 

3. 会社設立手続き、税務署への書類提出、創業補助金申請をワンストップで提供!

会社設立時には、法務局への登記手続き及び税務署への必要書類の提出が必要となります。

 

弊所では、提携の行政書士・司法書士と連携して会社設立手続きを実施し、税務署への提出書類の作成及び提出を代行いたします。

さらに、創業・起業融資のご相談をいただいた方に対しましては、融資だけでなく創業補助金申請のご提案も実施いたします。

 

創業・起業時の融資支援、会社設立手続き、税務署への必要書類の提出、創業補助金申請をワンストップで行うことにより、お客様の事務手続きのストレスを軽減し、迅速かつ適切な手続きを実行することできます!

 

 

4. 申込書類作成時及びヒアリング実施時に税務に関するアドバイスを実施!

融資申込時には創業計画書や売上予測表等の添付書類を作成することとなります。

 

弊所では融資実行のためのアドバイスだけでなく、お客様の事業規模や事業内容をヒアリングしたうえで、税務的な視点からのアドバイスも実施いたします。

具体例でいいますと、初年度の役員報酬の設定金額や専従者給料の設定金額等について、税金がいかに安くなるか?社会保険の扶養の範囲内で収めるための支給額はいくらか?等税理士の目線よりアドバイスを実施いたします。

 

創業・起業時の融資も大切ですが、融資を実行した後の資金繰りも大切であるため、税務のプロとして、お客様の手元により資金が残るようにアドバイスを実施いたします!

 

 

ご利用料金について

【無料相談】

融資申し込み前の事前相談は無料で対応させていただきます。事前相談後に融資申し込み手続きに移らせていただきます。

 

【新創業融資制度】

着手金 3万円+税
成功報酬金 12万円+税

 

【中小企業経営力強化資金】

着手金 3万円+税
成功報酬金 27万円+税